my fake

 

 


何に対しても、特に思うことがない。
感動もないし、興味関心も薄い。
今は何にも不満もない。
 
ただ自分の都合を押し付けてくる奴と、
一時の損得感情で動く奴とは相容れないなと思うくらいの
心は残ってるので、そこまでドライじゃなさそうじゃん?
ご冥福をお祈りします・・・

 
iPhoneImage.png




 

wine

アルバン・ヴィンヤード ロレーヌ 2011
iPhoneImage.png

シャトー・ド・ボーカステルからの〜アルバン・ロレーヌ
安定した旨さ。
フルーティにして甘く爽やか、でも奥行きのある味。
濃くて深くて、安定したクォリティ。素直でいい。


 

wine


シャトー・ド・ボーカステル オマージュ・ア・ジャック・ペラン
2007(PP100)

iPhoneImage.png
 

iPhoneImage.png
 

強い・・・!
ワイルドにして力強い、タンニン・アロマ。
肉感溢れる野性的な男性のような。
 
ワインを飲むときは、ワインのみで楽しむのが粋だと思っているんです。
飯食いながらワインを飲む奴なんて、ワイン本来の良さをわかってない奴の
やることだとおもってたんだけど、
これはジビエやラム肉、馬肉みたいなクセのある肉料理が欲しくなる1本だった。

 
1年半経って、やっと飲めて理解できたシャトー・ド・ボーカステル。
これがスタートでSQNやSAXUM、Albanに行ったという説は、
若干分かった気がする。



 

wine

シャトー・ラ・フルール1992(pp91)

iPhoneImage.png

〜2015年までが飲み頃という評価はまさにそう。

仕上がりきったこれは以前飲んだ若いラ・フルールのメインヒロイン感は薄いが、

飲んだ途端美味しかった。開けたそのときがピーク。

 

少し残した2日目のラ・フルールはものすごい劣化したワインだった。

 

 

 

 

 


雑誌掲載




やることが違えば作業場も違ってくるんだなぁーという印象でした。
同業者的な目線で見ても面白かったです。

そろそろ自分も彫金机が欲しいなーって思いました。




no title

どうしてもな理由があるといいよね!

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 


no title

 

ドクターフィッシュにまた手を食われていた・・・

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 


no title

 

雑誌に書かれる内容と若干外れてしまう事ではあるが、

年に1〜2回は合成石を使うことがある。

天然石を使うことに拘りはあるが、合成石を使わないことに拘りはないです。

自分が満足する為の拘りではないので。

 

ただ、合成石って強い素材で火に強いのは凄い。

裏から合成石を入れて銀のパーツで挟み込んでロウ付けしても割れない・・・

iPhoneImage.png

(薄っすら見える丸い跡がロウ付けの跡)

 

 

 

 

 


<< | 3/182PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM