no title

 

三日とろろおいしゅうございました。

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 


no title

 

俺達のいつもの年末感

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

 

友達と年を越して、

社長息子のパッパからフグが送られてくる。

 

iPhoneImage.png

 

新年早々、グーフーなんてすげー贅沢した。

 

 

 


no title

 

結果がどうあれ、終盤はよく走ったと思う。

で、焼肉等

iPhoneImage.png

 

焼いてくれる

iPhoneImage.png

 

 

SINE QUA NON Touche (PP100)

iPhoneImage.png

 

俺、飲みたかった、コレ。ずっと。

Touche(トゥーシェ:参った、一本取られた)の名に相応しいパーフェクトワイン。

シラー(葡萄の品種)メインなんだけど、これ以上すげーシラーを知らない。

SINE QUA NONのシラーはスミレやカシスのような繊細で華やかな印象の作品が多いが、

Toucheは男性的で力強い、また違った花のような、木に咲くような花の類の香りがする。

(ちなみにパーカーおじさんは、この香りを樟脳・塩漬け肉・カシス・スミレ・

煙・フルーツの盛り合わせ、マジ卍と表現しております)

光を通さないフルボディで濃い、更に20年耐える。

 

 

(その間、宇多田、ポルノ、ラルク等、

中高生だった頃の懐メロをひたすら聞かされる)

 

からの天下一品。総本店にはよく行きました。

俺にとってはもうノスタルジーでしかないよね。京都時代を思い出す。

 

iPhoneImage.png

 

あの頃に戻ってやり直したいこともあるけど、

そんなの誰にでもあるよね。

ちなみにあの頃に食べた味と全然違った

 

 

甘い物嫌いだけど、アイスを食べるという奇行にも走るよね!

 

iPhoneImage.png

 

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 


no title

 

友達と中卒へ―

限定メニューの辛いヤツらしいけど、

人類が食べられるレベルだった。おいしかったです。

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

確か去年も年末に中卒行ってた、ハズ。

 

 

シャトー・シュヴァルブラン1999 (PP93)

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

酒石ができるくらい熟成されてた。

 

年末にシュヴァルブランを飲まなきゃ年は越せない!

あと今年は特にシュヴァルブランに影響されてるんだよなぁー

肝心な味は20年ものとあって、あけたらあまり開かず、上昇せず。

〜2022年の評価だけど個体差はありそう。

要はちょっとハズレだった。

 

 

イタリアはトスカーナの

カパンネッレ チンクァンタ エ チンクァンタ50&50 2000

からの

ビービー・グラーツ コローレ 2003

iPhoneImage.png

 

ボルドーやアメリカに慣れてると不思議な味わいに感じる。

ボルドーやアメリカが落ち着いた紳士的な雰囲気だとすると、

 

トスカーナワインは陽キャでパリピ。

 

メシ食いながら飲むようなワインだったので、

ここまでに既に3本開け、すっかり心も陽キャになったお友達と

ワインに合う肉や食べ物を探しに夜の街へ―

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 


no title

 

年末年始になにしてたか書かなきゃぁ・・・

 

iPhoneImage.png

 

主に自分が思い出すために。

 

 

とりあえず、友達と二桁ワイン片手に深夜の街を徘徊してた。

iPhoneImage.png

 

まぢ陽キャ☆

 

 

明日か明後日書こう・・・

 

 

 

 


no title



余談ですが、イベントの時より更に2キロ体重が落ち、
今年18キロ体重を落とす事に成功しました。
現在70キロ丁度。身長181cmだしいい感じではあるけど、
60キロ半ばまで落としたい気もする〜



no title

 

年内の業務終了―

 

翌営業日は7日(火)からー。

さすがにちょっと疲れた。

 

 

さて、俺は今から例年通りの行動をするッ・・・

東へ、南へ。

 

 

 

 


my fake

ちなみに、去年の年末年始間の1番多かったお問い合わせ内容は、
紅白に出ていた某大御所ミュージシャンの着用していたピアスはアストラリバイオのものですか?
でした。

残念ながら弊社のものではございません。



たくさん画像が来るので、その分たくさん確認させて頂きましたが、
確かにすごく似てた〜
しかし当時で計算しても9年前にはアストラリバイオでリリースしていたので、
俺は悪くないからなッ!!




<< | 2/192PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM