my fake

 

大学の時の友達の結婚指輪や、今絡んでる友達のことで

リンクすることがあったんだけど。
 

 

 

その時々で必要な人は近くに居て、必要なくなれば居なくなるもので。
 

 

これまで自分は必要かどうかで選ぶ側だったけど、

今では選ばれる側になったって話。

 

 

 

選んでるときは罪悪感もあったけど、選ばれる側になると気は楽なもので。

残念な気持ちもありつつ、それでも、おめでとうと思うことにした。
 

 

自分自身は過去に生きる未来を見据えたものだけど、

未来を見る過去との決別を図るものには煩わしい存在だと思う。
 

 

 

そんなことがあったんだ。



 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.06.04 Thursday
  • -
  • 00:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM