wine

 

シャトー・デュクリュ・ボーカイユ1996(PP96)

 

iPhoneImage.png

 

珍しく、サン・ジュリアン。

サンジュリアンで有名なのはシャトー・ラグランジュという、

個人的評価がイマイチなワインの産地。

 

さて、こちら、

まず、コルクがものすごく硬かった。

iPhoneImage.png

 

これまで飲んだ百何十本のワインの中で一番硬い。

全然抜けなくて。

 

コルクが硬いので、23年物のオールドビンテージだけど、コルクへの浸食や腐敗がない。

パーカーおじさんもこのワインは2035年まで耐えると評価してるけど、

優良年+このコルクの硬さも熟成向きな評価の対象なんだと思う。

 

肝心な味は、

ホントに古典的な味。特筆すべきことはない。

ボルドーワインの特徴をグラフにしたとすると、

ワインのいいところをちょうど全部同じバランスで出したようなもの。

 

よく言えば、ボルドーワインの全てを説明できる味、

悪く言えば、特徴がない。面白みがない、出来過ぎた優等生。

結婚するならこういう子がいいよね。っていうビンテージ。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2019.11.14 Thursday
  • -
  • 02:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM