no title

 

2日目、

愛知県は刈谷市にて、

レンゲが立つ程スープが濃いラーメンと、店主のキャラが濃いことで有名な

要はテレビで見たラーメン屋、大岩亭へ―

 

みんな、やっぱ撮るよね!

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

すげー待った。

iPhoneImage.png

楽しかった。

いろいろすごかった。

 

髪を切りに京都へ―

iPhoneImage.png

 

切り終わってから、よく行く焼肉屋へ―

iPhoneImage.png

 

ユッケが食えるいいところ

iPhoneImage.png

 

 

京都のホテルがよかった。

ツインしかあいてなかったけど、

iPhoneImage.png

友達それぞれツインに泊まるという、

そういう距離感もすげー心地良い仲。

 

スケスケなシャワールームがいかがわしい感じ。

iPhoneImage.png

 

その日の晩

SINE QUA NON  A capella 2000

iPhoneImage.png

 

これも劇レアワイン、シネクアノンのアカペラ。

何が劇レアかというと、ピノ・ノワールという葡萄の品種を使っていて、

それはブルゴーニュ産のワイン(ざっくり言えばロマネコンティのある地方)で

使われる品種を使ったもの。

シネクアノンがピノを使うことが珍しい上、もうピノでワインを作らないと言っているので、

今後、一生で会えないであろうワイン。

 

裏のラベルにも“1人で飲むな”って書いてあるくらい、やべーやつ。

iPhoneImage.png

 

そんな18年物。

iPhoneImage.png

中折れしたけど、ギリ抜栓成功。

 

コルクに酒石という、ワインの結晶が出来てた。

初めて見た。

iPhoneImage.png

 

それで、肝心の味。

これが凄かった。ブルゴーニュのワインを飲んだこと無いけど、

ちゃんとシネクアノンらしい香りもしつつ、すごく飲みやすい。

直前まで焼肉をたらふく食べて、正直酒なんて入る余地が無かったくらいなのに、

一気に焼肉が消えてワインになった。

余韻も長いし、味も優しくて。自分も友達もこれは100点だと思った、そんな1本。

 

コルクがワインの他にチョコレートとか珈琲とかそんなビターな香りがしたのだが、

友達曰く、ロマネコンティの香りに近い、と。

 

いつかロマコン飲みたいです。

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.10 Saturday
  • -
  • 23:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM