no title


 
最近はamazonでDVDを1円で買うことが趣味になりつつある
 

iPhoneImage.png
 

 

 

なんで未開封が1円になるんや?

って思いながらポチるのです。



 

 

 

 

 


no title

シルバーアクセ業界でスカルといえばMAD CULTだと思ってるんですが、
そんなMAD CULTのシンさんからビールを頂きましたー

iPhoneImage.png

 

スカルのイラストが可愛いパッケージ!

ラス1だったそうで・・・ありがとうございます・・・!

 

ぬるめにしてグラス飲んだほうがいいよってことだったので、

冷やしすぎない状態でワイングラスでいただいてます。

 

 

(個人的には)レモンみたいな酸味が爽やかで飲みやすくて美味しい・・・

商品として売ってたら欲しいです。

 

あと、オリジナルのビールを造れるってカッコいいっすよね。

俺もフランスかアメリカでワイン作る・・・?

 

 

 

 


no title


 

〜年末にご注文いただいたオーダー品を順にやっているのですが、

セットする宝石がなくてめっちゃ探した。
 
どこかわかるところに、置いたんです。
希少石で、大きさ 対 発色の良さの掛け算方式に価格の上がる高価な宝石だから、
絶対に失くさないところに置いたんです。

 
でもないんです・・・
 
1時間探してでも出てこなくて半分諦めかけてた
・・・ら、出てきた。
 
壁にあった。
 
iPhoneImage.png
 
これなら失くさないね・・・
 
〜年末にご注文してくださった方々、今しばらくお待ちください。



 

no title

 

切りたくなって、髪を切りに行った。

 

iPhoneImage.png

 

これまで11年間、京都の決まった店の決まった人を指名して切ってもらってた。

「キミの髪は俺しか切れない」とまで豪語する、

実力も経歴も強い人が担当してくれてるんですが、

カットとパーマ代だけでも他所の1.5〜2倍はかかるところで、

交通費と合わせて4〜5万はかかるんです。

 

さすがに今住んでるところの近辺でもいいところあるだろうと思って、

調べて、行って来ました・・・

最近のトレンドを取り入れてるってHPに書いてあるところをよぉ・・・!

 

 

私「今の状態の半分くらいの長さで、パーマ強めで、毛量多めなのですいてください」

と言ったのですが、

全て通じませんでした・・・

 

長さは現状-3cmくらい、パーマもゆるい、全体の毛量全然減ってないのでゴワゴワする・・・

90年代のキムタクにパーマがかかってるような状態で。

美容師さんのドヤ顔に「ちょまてよ!」って言いたくても言えず・・・

(コミュ力の低さを痛感した)

 

今はハウルの髪が黒くなってしまったときくらいに凹んでる・・・

(いや、木村さんは好きですよ。教場面白かったし)

 

 

髪は、京都で切ります。

choiceさんに行くついでに、髪を切ります。

 

 

 

 


no title

 

神社の左義長に正月飾り持って行ってみた。

 

iPhoneImage.png

 

まぁーエキゾチック

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

自分が子供の頃は、田園の真ん中でやってた。

火が落ち着いてきたらマシュマロ焼いて食べたり、

お餅を焼いて食べたり。

大人は竹の中に日本酒を入れて熱燗にしてたりしてた。

 

田舎の左義長はこういうちゃんとした仕来りも何もない、

ただの大きな焚き火ってだけだけど、

幼少の頃の自分には一大イベントに感じて参加していたものです。

 

 

 

 


my fake

 

経営者ってのはお客さんや仕事相手のことを考えたフリをしつつ、

いかに自分が相手より得するか、

自分本位の考え方ができるのかを考えるものなのかなーと、

今の時事ネタを見て思った。

 

ただ、自分自身は誰かや何かを犠牲にして何かを成し遂げるほど、

器用な人間ではない。セールスマンでもないしね。

そう、身長181cmもあるので、等身大の目線で

今後のことを考えて行きたいと思う。

 

ネガキャンしてるちっさいおっさんには無理だよ。

 

 

 


no title

 

年始1本目ワイン。

シャトー・ヴァランドロー 2012(PP95)

 

iPhoneImage.png

 

これまでにヴァランドローだけは既に10本以上あけてる

なんていうか、やはりシンデレラ。格が違う。

 

初心に帰れる。ヴァランドロー2012は初恋のような一本。

死ぬ前に飲みたいワインとして5本挙げていいなら確実に入る。

3年前に1万ちょいだったヴァランドローが、今では1万円後半(約2万)

まで高騰している。

それだけ需要もあるし、格別なんだと思う。

この2012だけで言ってもこれまでにあけたヴァランドローの大半を占めているけど、

2012のポテンシャルを発揮するのは2020年〜なので、

これから更に美味しいワインでもある。

パーカーおじさんの評価では2020〜35年が美味しいらしいので、

今買って10年後にあけても良い訳で。(もちろんセラー管理で)

 

ボルドー、というかワインを始めたいって人がいたら騙されたと思って

ヴァランドローを買って飲んでもらいたい。

絶対に後悔しないワイン。

 

 

 

 

 


no title

 

この酒と欲にまみれた生活から抜け出すのが大変だった・・・

美味しい酒を飲みたい!美味しいモノを食いたい!!

そんな本能を抑えつつ、

 

日常へ―

 

 

正月太り、しませんでした。

忙しかったので逆に痩せた。

ついに60kg代へ―

 

iPhoneImage.png

 

 

 


| 1/192PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM